黒豆からイソフラボンを摂取

前へ
次へ

黒豆は大豆の仲間であり、見た目が黒い理由は、種皮にアントシアニンを含むためです。
それ以外の栄養成分は他の大豆と同じです。

アントシアニンは、イソフラボンと同じくポリフェノールのうちの1つで、抗酸化作用を持っています。
抗酸化作用というのは、活性酵素による酸化を防ぐ作用のことです。
これにより皮膚や血液などの体の老化を防ぎます。
具体的なイソフラボンの効果は以下の通りです。

  • 動脈硬化を予防する

  • 抗酸化作用により、ドロドロの血液ではなく、サラサラの血液を維持することができます。
    このことから、動脈硬化を予防することができるといわれています。

  • 糖尿病を予防する

  • 善玉ホルモンである「アディポネクチン」の分泌を促して、インスリンを正しく働かせます。
    これにより糖尿病を予防することができます。

  • 美肌効果がある

  • 抗酸化作用を持つことから、体内の酸化、つまり老化を防ぎます。
    そのため、しわやたるみのない美しい肌を保つことができます。
    さらに紫外線に当たることによってメラニンが増えるのを抑える働きもあるため、美白効果もあると考えられています。

    そして、黒豆には他の大豆と同じくイソフラボンも含まれています。
    イソフラボンの効果には、次のようなものがあります。

  • 動脈硬化を予防する

  • イソフラボンもアントシアニンと同じく抗酸化作用を持っています。

  • 美肌効果がある

  • コラーゲンやヒアルロン酸、および皮下脂肪を作る手助けをします。
    抗酸化作用により、肌の老化(しわやたるみなど)を防ぎます。

  • 更年期障害特有の辛い症状をやわらげる

  • 閉経やストレスなどが原因でホルモンバランスが悪化することにより症状が出てきます。
    しかし、イソフラボンを摂取することで更年期障害の症状を和らげることができるといわれています。
     
  • エストロゲンの過剰分泌を抑える

  • これにより、乳がんや子宮内膜症などの病気にかかるリスクを抑えることができるといわれています。

  • 骨粗しょう症を予防する

  • 骨の中にカルシウムを貯めて、しっかりとした頑丈な骨を作る手助けをします。
    カルシウムが骨から流出してしまうのも防いでくれます。
     
    黒豆を食べると、1度にイソフラボンとアントシアニンの両方を摂取することができます。
    ぜひ、黒豆を毎日の食事に取り入れてみましょう。

    ページのトップへ戻る