イソフラボンのクレンジング

前へ
次へ

多くの女性は、肌を美しく、きれいに見せるためにお化粧をします。
最近では、男性用の化粧品も売られており、愛用している男性もいらっしゃるようです。
化粧品は肌を美しく見せるだけでなく、さらに簡単には落ちない状態を保つことが求められます。
ほとんどの化粧品は、油を含む成分を加えて肌にしっかりと付着させるように工夫して作られています。
そのため、体や顔を洗うために使われる普通の石鹸や洗顔剤では落としにくくなっています。
お化粧を落とす時には、必ず専用のクレンジング剤を使いましょう。

  • ダブル洗顔

  • クレンジング剤で1度しっかりと洗い流します。
    ここで油分を落とすことができます。
    それから普通の石鹸や洗顔剤を使って洗顔します。
    ここで残っていた水性の汚れや毛穴の隅々の汚れまで落とすことができます。
    この方法だと手間はかかりますが、化粧品や顔の余分な皮脂などをしっかりと落とすことができます。

  • シングル洗顔

  • クレンジング剤だけで化粧を落とし、洗顔までできます。
    1回で済むので大変便利です。

    また、クレンジング剤の種類もさまざまです。
  • クレンジングオイル

  • 少しとろみのある液状で、素早くなじませることができます。
    洗浄力がかなり高く、重ねづけされたマスカラやファンデーションもきれいに落とすことができます。
    しかし使用後に油分が残りやすいため、必ず使用後は石鹸や洗顔剤を使ってきちんと洗顔しましょう。

  • クレンジングジェル・クレンジングミルク

  • クレンジングオイルよりもさらっとした使い心地で、刺激は少ない代わりに洗浄力も弱めです。
    ナチュラルメイク程度なら問題なく落とすことができます。

  • クレンジングローション

  • コットンに適量を取って使ったり、ふき取り専用シートとしても売られています。
    ふき取るだけで落とせるのでとても便利ですが、エタノールなどが含まれています。
    アルコールに弱い方や肌の弱い方は使用を控えた方が良いようです。 

    中でも注目されているのが、イソフラボンが配合された洗顔フォームです。
    食べて摂取するというイメージが大きいイソフラボンですが、実は肌につけても効果を発揮してくれます。
    製品によっても異なりますが、クレンジングなどの化粧品に含まれるイソフラボンは、「ダイズエキス」や「豆乳発酵液」などという名称で記載されています。
    化粧品用のイソフラボンは、肌に馴染むように開発がされています。
    イソフラボンを化粧品に取り入れることの大きなメリットとしては、コラーゲン生成を手助けしてくれるというものがあります。
    コラーゲンが肌に豊富にあることで、潤いとツヤ、ハリを持った美しい肌を作り上げることができます。
    そんなコラーゲン生成を手助けしてくれるため、イソフラボン配合のクレンジングは、余分な汚れを落としつつ肌の潤いを守ってくれるのです。
    また、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするのですが、その働きのひとつとして余分な皮脂の分泌を抑えてくれるというものがあります。
    そのため、ニキビや吹き出物を予防してくれるのです。
    他にも、メラニンの生成を抑制するなどといった働きもあるため、シミの予防にも効果を発揮します。
    このように、イソフラボンが肌に与える嬉しい影響はたくさんあるのです。
    そんなイソフラボンが配合されたクレンジングを使えば、肌トラブル知らずの美しい肌を目指せそうですね。
    クレンジング以外にも、化粧水や乳液などイソフラボンが配合された化粧品はたくさんありますから、ライン使いするとより効果を発揮してくれることでしょう。

    イソフラボンのクレンジング剤は、ふわふわの泡立ちで使い心地がよく、肌に比較的優しいものが多いようです。
    洗い上がりも乾燥せずにしっとりとしているため、乾燥肌対策に有効です。
    また洗浄力はクレンジングオイルのように強くないため、ナチュラルメイク程度ならしっかり落とすことができます。
    マスカラなどを付けたバッチリメイクを落とすときは、ポイントメーク専用のクレンジング剤を併用することをおすすめします。
    値段はかなりお手頃なものが売られていますので、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

    ページのトップへ戻る